イタチ(害獣)駆除の装置

プロに依頼したほうがいいかも

イタチは小型で可愛く思いますが、実は非常に凶暴な害獣とも言えるのです。
イタチは非常に獰猛で肉食の生物で、自分より大きい家畜のニワトリなどを食べてしまうのです。
なので、イタチは捕獲しようなどとは思ってはいけません。
捕獲しよう物なら、こちらが怪我をしてしまう可能性もあるのです。
なので、自分で捕獲しようなどとせずに害獣駆除のプロや害獣駆除業者に依頼しましょう。
イタチはとても素早く、普通の人間が素手で捕獲できるような優しい生物ではありませんが、もし何らかの形で遭遇したならば逃げてください。
襲ってくる可能性もないわけではありません。
窮鼠猫を噛む、ともいいますし、イタチも危機に陥ったら人間にでも立ち向かってくるかもしれません。

また、小さいお子さんがいる場合にも注意が必要です。小さいお子さんがイタチを見つけて可愛いからと、不用意に近づく危険性もあります。
なので、姿を見かけたら害獣駆除に詳しい専門家や、業者に連絡や相談をしてみて、アドバイスをもらいましょう。
害獣駆除には人間との共存という観点からも心苦しく思いますが、実際に被害にあってからでは遅いのです。
また、害獣駆除のプロの方たちは慣れているのでイタチを生きたまま捕獲して駆除してくれるかもしれません。
なので、気になる方は害獣駆除に来た方に聞いてみると良いと思います。
もし姿を見かけたならば、早めに被害が起きないうちに対応していき、人間との共存を出来るようにできる限りの事をしていきましょう。

イタチ(害獣)駆除の罠

自分でやるか業者に依頼するか

自分自身で害獣駆除を行う場合は、捕獲専用の罠を使用する場合が多く、イタチが走り回ることが多い天井裏や、イタチの食べる物が多くある畑や庭先などに設置します。
捕獲は、狩猟期間内にしか行うことが出来ないため、事前に地方自治体などに確認をとっておく必要があります。
特にメスは、狩猟期間内であっても捕獲することが禁止されているため、捕獲してしまった場合は、速やかに河川や湖などの水辺の周辺に逃がす必要があります。
イタチは強い光を苦手としているため、強い光を発する装置を設置したり、ホームセンターなどの量販店で販売している専用の忌避剤を設置したりすると効果があります。
専門の害獣駆除業者に依頼した場合は、自分自身で行うよりも確実に害獣駆除を行うことが出来ます。
自分自身では作業することが難しい侵入経路なども確実に塞いでもらうことが可能です。

イタチ(害獣)駆除

イタチの概要

イタチは、ペットにされることも多い、胴長短足という特徴のある哺乳類です。
畑などの作物や飼っているペットを捕食してしまうため、日本においては害獣として捕獲されることも多い動物です。
住宅の断熱材などを破壊して巣を作ったり、糞尿などによる悪臭の被害が出ることが多いため、害獣駆除作業は早めに行う必要があります。
非常に凶暴な動物であるため、不用意に近づくと襲われる危険があります。
イタチの害獣駆除には様々な方法がありますが、自分自身の手で害獣駆除をする方法と、専門の害獣駆除業者に依頼する方法があります。

イタチ(害獣)駆除の檻

危険も伴う

イタチはネズミなどと同様に、自分で駆除することもできますが、追い払ったり忌避したりするだけでは効率が悪く、罠での捕獲も凶暴な性格のため危険が伴います。
そのため、害獣駆除の専門業者に依頼する方法も選択できます。
害獣駆除専門業者は、生態や習性も詳しく把握しているので、確実にイタチを捕獲してもらえます。
害獣駆除業者の情報サイトもあるので、口コミなどを参考に、より状況に合った業者を選んで契約することも可能です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031